パンよりもご飯がおすすめ

日本人のご飯の摂取量が減り、パンの摂取量が増えています。ダイエットをするならパンよりもご飯がおすすめです。
粉になっている小麦を使ったパンは、消化によく血糖値が急激に上がりやすいです。血糖値が急激に上がることで、肥満の原因になるインスリンが大量に分泌されます。ご飯は粒になっているので、パンよりも消化がゆっくりです。血糖値の上昇が緩やかなので、インスリンの分泌もパンに比べて穏やかです。ゆっくり消化吸収されることでお腹が空きにくくなります。

■水素水トピックス
http://xn--q9js3007ba377s.net/